キラキラな光の中で
ヒトを見ることが
時々無性に怖くなる
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
何があっても。
あたしは応援し続けたい。
心の底からそう思う。

あなた様の言葉が
あたしの胸に
突き刺さります。

あなた様の想いが
あたしの心を
動かします。


はっきりと残した言葉。


愛が

悲しさが

悔しさが

心に響いて…




胸が痛い。
Pureな愛の戦士が
とっても傷ついている。

あなたのせいじゃないよ?
あたしたち、
ちゃんと受け取ってるから。
謝らなくていいよ?

大丈夫。

だから
もう悲しまないで?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


受け取り方が
さまざまなのは
人だから仕方ない。

けれど

なんだかあたしは
そんな彼の素直で
不器用で人間らしい
そんなところが
とても共感できる。

だから

好きなんだと思う。

あたしはWアンコで
何を歌うかは
知らなかったけれど
話の内容ですぐに
あの曲だと気付いた。

周囲の人は
知ってたのかな?
滑稽に映ったかな?
何も知らず喜ぶ
あたしの姿。


できることって
なんだろう…。

今までどおりに
ファンとしてマナーを
守っていくこと。

応援をし続けること。

色んな考えの人が
いるからこそ
発する言葉に
注意をはらうこと。

胸に刻んでおこう。
忘れないように。
| 00:25 | 手紙。 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| | - | - | - |